log in

ギャラリー

A+ A A-

<ギャラリー>

 
g1 g2 g3 g4
g5 g6 g7 g8
 
 
 

燈籠

利休が認めた風情・・・
※もともと石灯籠は社寺専用とされていましたが、茶の湯の大成者、利休が庭で石灯籠を取り入れた事が現代の和庭での石灯籠の楽しみ方の始まりと言われています。当時としては斬新な発想で利休は灯籠の美しさや風情が分かっていたという事ではないでしょうか。
 

柚ノ木灯篭(H25年|奈良石)


河桁御河辺神社型灯篭(H28年|奈良石)


平等院型灯篭(H28年|岡崎御影石|奈良県宇陀市)

 

蹲踞

 

四方仏蹲踞(H28年|奈良石)


近江様式宝筐印塔基礎蹲踞(H28年|大島石)


四方梵字蹲踞(H25年|奈良石)


梵字曼荼羅蹲踞(H25年|奈良石)

 

五輪塔

日本独自のありがたい最高のお墓・・・
※亡くなった人をすぐ仏様にし、極楽浄土に連れて行って下さるありがたい型の塔とされています。その形は座禅し、手に印を結び、口で真言、陀羅尼をとなえる形になっており、死者が成仏するための三つの行い密教の三密を併せ持つとされ大変ありがたいお墓です。
 

大和様式長岳寺型五輪塔(H26年|奈良石|三重県名張市)


大和様式五輪塔(H27年|大島石|三重県名張市)


當麻型五輪塔(H27年|大島石|三重県名張市)


當麻型五輪塔(H26年|大島石|三重県名張市)


大和様式五輪塔(H26年|黒龍石|三重県名張市)


大和様式五輪塔(H28年|奈良石|奈良県)


八角五輪塔(H24年|奈良石|福島県南相馬市)


大和様式一石五輪塔(H29年|紀山石|福島県いわき市)


大和様式五輪塔(H29年|大島石|愛知県春日井市)

 

宝篋印塔

生前、死後ともにご利益ある供養塔・・・
三国伝来の供養塔。延命のご利益、自身の減罪、死者の成仏往生など大変ご利益がある供養塔です。現世利益(生者のこの世での延命と幸せ)来世利益(死後の冥福、あの世でのご利益、福利、幸せ)があると言われおり、五輪塔と合わせて建設される事があります。
 

大和様式宝筐印塔(H26年|庵治石|三重県名張市)


近江様式宝筐印塔(H24年|奈良石)


大和様式宝筐印塔(H26年|真壁石|三重県名張市)


宝筐印塔陽刻板碑 心阿作模写(H28年|奈良石)

 
釈迦の説いた法華経の教えが真実かつ真理を説いたものであることを多宝如来が証明したことであり、宝塔は真理の全相を形であらわしたものであると言われています。
 

宝塔/宝塔(H29年|白石)

 

アート

後世に残る、本当に美しいものを残したい・・・
その石の魅力を最大限に引き出し、型にはまったものだけでなく、インスピレーションやひらめきが出たとき、全身全霊をかけて後世に残るようにと作品を作ります。それは石工技術向上、新しい発想、新しい技術の開発にも繋がり、それが石工職人の地位向上と業界の発展も込めております。
 

浄化(H28年|黒御影石・大理石)


孤独(H29年|黒御影石・万成石)


MUGEN(H25年|矢掛石)


My Life(H30年|矢掛石・万成石)


悠久(H29年|黒御影石・北木石|三重県名張市)

 

宝筐印塔


石鍋


名張藤堂家燈籠


宝積寺九重層塔

 

その他

その他、オーダーメイドでお客様のご要望にあった、石製品も製作可能です。歴上の偉人が好んだ石の作品や、お客様の新しい発想の石製品なども承ります。お客様のご要望が利休が庭に灯籠を使ったように新しい文化になるかも知れません。お気軽にお問合せください。
 

手元供養塔 五輪塔 磨き(H28年|岡崎御影石)


手元供養塔 五輪塔 ノミ(H28年|岡崎御影石)


手元供養塔 中尾五輪型 ノミ(H28年|岡崎御影)


手元供養塔 宝筐印塔 ノミ(H28年|岡崎御影)


沓脱石(H30年|大島石|三重県)


彫り込み地蔵(H27年|奈良石|大阪府大阪市)


第35回技能五輪全国大会優勝作品


第28回技能グランプリ優勝作品